セクハラ・パワハラ相談窓口担当者研修(3時間〜1日)

ハラスメント社内相談員としての心構えから実践的な相談対応法までをハラスメントコンサルタント・心理士・産業看護師である講師がわかりやすくご説明いたします。

初めの相談対応および日常の相談員としての行動がハラスメント防止対策には極めて重要ですので必ず学んでおきたいスキルです。

■研修効果

  1. ハラスメント相談者としての基本的な心構えが身につきます。
  2. ハラスメント相談対応者の不安をなくし、適切に対応できます。
  3. ハラスメントから生じるメンタルヘルス疾患についても対応法を理解します。
  4. 様々なタイプの相談者に適切に応じることができます。
  5. 傾聴法は普段の様々な対人関係においても役立つ技法です。


 

  1. ハラスメントとは
    チェックシートによるハラスメントとはなにか確認(ワーク)
  2. ハラスメントはなぜ起こるのか
  3. セクシャルハラスメント・パワーハラスメントによる様々な影響(被害者・行為者・組織へ)
  4. 判例に見るハラスメント
  5. 相談対応者としての役割
  6. ハラスメント相談対応法
    ・相談対応の基本姿勢(心構え)
    ・相談対応の具体的なポイント
    ・やってはいけない、相談対応の落とし穴
    ・メンタルヘルス疾患基礎知識と対応法
  7. ハラスメント相談実践編
    ・カウンセラー直伝!心を開く傾聴法
    ・様々なタイプの相談者対応法
    ・相談対応ロールプレイ
    (セクシャル・パワーハラスメント事例とハラスメントによるメンタル不調者事例を基に傾聴法でワーク/各ケースの対応法についてまで検討します)
    ・行為者ヒアリング体験とポイント


※ 管理職研修内に相談対応のロールプレイなどを入れ込むようなことも出来ます。


→社内研修のお問い合わせ・ご依頼はこちらをクリック
※お見積り、資料請求は無料です。