管理者向けハラスメント予防対策研修(1.5〜3時間)

概要

コンプライアンスの視点からコミュニケーションの視点まで総合的に解説いたします。
認識度違い体感ワーク・ドライバーテスト・無意識の差別診断などで自身への気付きを与えます。

ハラスメントを起こさないだけではなく、生産性を高める関わり方や指導が出来るようにします。

また、管理者は被害者としても多いと言われております。その点も配慮して構成します。

内容

1.ハラスメントによる様々な損害

  被害者、周囲などへの影響

  使用者責任など法的知識

  管理者としての役割
2.ハラスメント認識度違い体感ワーク

3.セクシュアルハラスメント

・セクシュアルハラスメントに関する法律

・セクシュアルハラスメント具体例
(ジェンダーハラスメント・マタハラ・LGBTなど)

・セクシュアルハラスメントの要因
(アンコンシャスバイアス ワーク)

4.パワーハラスメント

・パワーハラスメントの定義

・パワーハラスメント身近な具体例 

・パワーハラスメントの要因

5.予防的関わり方

・ドライバーテスト(内面から自分の言動を駆り立てるものを知り、セルフコントロールを目指す)

・行為者にならない指導法、叱責法など

・双方向コミュニケーション・指示の与え方・解決志向など

※上記は3時間のカリキュラムです。1.5時間の場合などは、セクハラ・パワハラのどちらに重きを置くか、ワークを減らすなど内容を調整いたします。

→社内研修のお問い合わせ・ご依頼はこちらをクリック
※お見積り、資料請求は無料です。